公式「まなべる!トラベル」BLOG

第一弾書籍「えらべる!できる!冒険図鑑沖縄」、全国書店で発売中! 親子旅行を、家族みんなの学び体験に変える新提案をカタチにしていくプロジェクトです。最新情報や、本の中や公式サイトでは書ききれないライヴ感ある情報を提供してまいります。  公式サイト:http://manaberutravel.com

首里城が火災。とても貴重なものが、一瞬で失われました。

f:id:manavel:20191031132859j:plain

※写真は本の制作当時のものです
 
こんにちは。
 
「まなべる!トラベル えらべる!できる!ぼうけん図鑑沖縄」内で
ご紹介させていただいている
沖縄県の世界遺産のひとつ、首里城が
本日明け方、火災発生というニュースが県内外で
大きく報じられております。
 
琉球王国のいわば「象徴」であり、
沖縄県民の心のふるさとだった首里城。
つい先だって、専門家による研究と
監修のもと、長年の復旧作業が完了されたところで
その美しく堂々とした、唯一無二の姿を見に訪れるのを
楽しみにされていた
国内外の旅行者のかたも多かったと思います。
 
現在は鎮火となりましたが、少なくとも正殿・北殿・南殿は
「全焼」と呼べる状態のようです。
 
ほんのわずかでも、その学びの価値浸透の一翼を
担わせていただいたこともあり、
ただただ今は、信じられない、なぜ、
残念、悲しいという言葉が頭の中で
くり返されるばかりです。
 
 
本書ではおもに「首里城には、沖縄県で
龍神さまなどの守り神が大切にされてきたという証拠が
たくさん残っていたんだよ」とご紹介していました。
 
 
 

沖縄の貴重な「守り神」がたくさんいた首里城。

  
 
 
沖縄の守り神「龍神さま」は城内に33体以上
 

f:id:manavel:20191031134933j:plain

屋根の上にも

f:id:manavel:20191031135015j:plain

玉座の近くにも
 
 
竜の口から湧き水が出ていた歴史のある「龍樋(りゅうひ)」

f:id:manavel:20191031133145j:plain

琉球王国の尚真王(しょうしんおう)の時代に設置されたとされています

 

かつてのお城の大切な飲料水として、また中国からお客様がきたときは

おもてなしの水として、大活躍していたとのことです。

かろうじて戦火を免れていた大変貴重なものでした。
 

 

沖縄本来の意味合いを持って立っていた「龍柱」 

 

この正殿前の龍柱の「向き」も、

数々の専門家の研究や検討が重ねられ、やっと決まったとのこと。

 

f:id:manavel:20191031135426j:plain

琉球王朝を守り、王様の力を示すシンボルとして考えられていました


「くねくね」している海外の龍柱と異なり、龍の体全部が柱になっていること、独立しており、建物を支えていないことが特徴となっています。 


            (参考・海外の龍柱)

f:id:manavel:20191031135811j:plain

こちらは、台湾の龍柱

 

首里城を見守っていた雄々しく、また時にかわいらしい、魔除けのシーサーたちも。

 

f:id:manavel:20191031143838j:plain  f:id:manavel:20191031144023j:plain f:id:manavel:20191031144102j:plain
 
 
これらは一体、どうなってしまったのか?
イメージをしようとすると、胸が苦しくなります。
 
<11月5日追記>
どうやら、正殿前にあった龍柱は焼け残ったようです!!!
報道の写真を見ると、すすけてはいますが、形をとどめています。
個人的には、首里城再建のシンボルとして再利用、
ふたたび活躍してほしいと思っております。
地下にある「遺構」も残っていたとのこと。
 
 
沖縄に引っ越して5年、観光以外は取材にて少しだけ
関わらせていただいた身である私たちですら、ですので
 
 
同じ土地に生まれ育ち、親しんできた地元のかたをはじめ
取材時、熱心に教えていただいたご担当、
復旧にかかわっていたみなさま、
関係者のみなさまの
悲しみの深さ、喪失感はいかばかりかと思います。
 
まだ先のことは、という状態だと思われつつも
沖縄の歴史や文化そのものが、消えたわけではありません。
再建の声があがったときは、我々も微力ながら
サポートさせていただきたく思っております。
 
 
 
 

<「まなべる!トラベル」公式HPサイトです>

<facebookも、よろしければフォローいただけるとうれしいです!>

 

【発売3ヶ月目の告白】「えらべる!できる!ぼうけん図鑑沖縄」に、「おしゃれカフェ」は載っていませんm(_ _)m

f:id:manavel:20191008185517j:plain

にふぇ〜で〜びる看板は、「おきなわワールド」で探してみて!



 

こんにちは!

 

「学びをもっと楽しく! わかりやすく!」を目標に活動しております

企画・制作ユニットmananicoです。

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

「えらべる!できる!ぼうけん図鑑沖縄」が発売されて

あっという間に3ヶ月に届こうとしております。早っ!

 

私たちの元にも、

「子どもが(ホンモノ動画を見るため)スマホ片手に、

この1週間かぶりつきで読んでいます」とか

「いきなり、『今度沖縄の闘牛を見に行く』と宣言されました」とか

「沖縄そばのページのマンガを繰り返し読んでいます」など

お子さんの独自目線で楽しんでいただいているお声が、次々と

届いております。

 

「見たこともないモノやコトに会いに行けるかも!」というワクワク感や

沖縄県内の子たちも「知っているようで知らなかった」身近なことに

ふたたび興味を持つきっかけにしていただいているようです。

 

f:id:manavel:20191006105750j:plain

 

f:id:manavel:20191006105831j:plain


f:id:manavel:20191006110142j:plain

本当に×100うれしく、嗚咽がもれそうです。ありがとうございます。

 

 

さて、そんな本書ですが

今日は、この場を借りてみなさまに告白があります。

ふだんの旅行ガイドには当たり前に載っているけれど、

この「えらべる!できる!…」に

載っていないものが3つほどありまして、この場を借りて

ついに告白したいと思います。

 

 

 

1 おしゃれカフェや最旬お店情報、載っていません

 

沖縄には、素敵なカフェがとってもたくさんあります。

海見えカフェ、森の中のカフェ、都会にはないゆったりした広さのカフェ

オーガニックカフェ、カリフォルニア的カフェ、オーストラリア的カフェ

悶絶するほど、コーヒーがおいしいカフェ……

かくいう私も、お店の人の魂がこもった

素敵なお店を探して、訪れるのが大大大好きです。

 

おすすめしたいところもたくさんあるのです、

が、この本には載っていません。

 

そのかわり、ものすごくおいしい老舗の沖縄料理屋さんのお料理や

昔ながらのお菓子屋さんのお菓子が掲載されています。

 

f:id:manavel:20191008180134j:plain

沖縄おやつの老舗、松原屋製菓さん(笑顔が素敵)

 

でも、協力してくださったお店の名前はクレジットのみで、

アドレスや連絡先も掲載していません。

 

と言いますのは、旅行「図鑑」という、ずっと残るものの特性上、

お店自体のご紹介ではなく、

「この土地に、昔からあるもの、文化として親しまれているもの」

のカルチャーから先に目に入るつくりにしているからです。

 

 

例えば

「それも入れちゃうの!?(沖縄だけにしかない)

『ふしぎなスープ』の正体をさぐる!」のページ。

 

f:id:manavel:20191008181139p:plain

沖縄のスープ(ご当地汁)は「薬」と言われていたことがわかるマンガ

                ↓

f:id:manavel:20191008181308p:plain

食べ方や種類(アバサー汁、イカスミ汁など)

 

をせいいっぱい載せると、

ご協力いただいたお店の情報はバーンとは載せられず、

せめてクレジットを!

 

    f:id:manavel:20191008184938j:plain

 

という感じになってしまいました……。



ご協力いただいた店舗さまも、

ふだんはない掲載方法がイメージしづらかったのではと

思いますが、趣旨をご説明し、みなさまにご賛同いただき

とてもありがたかったです!

 

この本を「子どもといけるカフェが載ってるかも♡」と

開いていただいたみなさま、

がっかりなさっていたら本当に申し訳ございません!!

そして、そうは言っても、

くつろぎのカフェや美味しいお店に行きたい!ですよね。

そんなときは、それ用のおしゃれな本や

サイトにがたくさん情報があるので、

併用していただくのがよいと思います。

(このぼうけんのあと、このカフェがおすすめ!のような記事も

そのうちつくれたらな…)

  

「まなべる!トラベル」は、たとえば2泊3日の家族の旅行中、

数時間あればできることもたくさん載せています。

ぜひ、お子さんの「やりたい!」というぼうけんと

「みんなのやりたいこと」で、家族みんながハッピーな

旅の予定を組んでいただければと思います。

 

 

 

2 快適ホテルの情報、載っていません

 

沖縄にはご家族におすすめしたいホテルもたくさん!

プール付き、温泉付き、公園付き、いろいろありますよ。

我が家も、ぼうけん旅行にでかけるホテル選びは楽しみの1つです。

ところが、なんと

この本には載っていません。

 

学びのぼうけんスポットをあらん限りのスペースを使い

ご紹介していることが、その理由です。

ただ、学びスポットの拠点にするためのホテル選びも

おうちのかたは迷われるかもしれないので、

こちらのHPでは、順次ご紹介していこうと思います。 

 

 

3 巻頭のMAPにはくわしい行き方、道路が載っていません

 

f:id:manavel:20191008175130p:plain

 

この本の巻頭に載っている地図↑には、

なんと「道路」が載っていません。

●子どもがパッと見て、「沖縄ってなんかおもしろそう!

(ぼく・わたしの住んでいる街と全然ちがう!)」と思い

●「沖縄には北部(やんばる)、中部、南部っていうのがあるんだな」とわかり

●それぞれ生き物の生息地やカルチャーがこんなふうにわかれていて

●行きたいところがだいたい沖縄のこの位置にあるんだな などの

「土地感覚」を楽しく養ってもらうためのものなのです。

だから、道の代わりに、だいたいの地形と、興味をもつためのイラスト、

クイズをたくさん入れています。

※ちなみに、MAPのイラストは、各方面でご活躍のイラストレーター

サタケシュンスケさんに描いていただいております。贅沢〜!

 

でも、ご安心ください!

おうちのかたが各スポットに辿り着けるよう、

各学べるスポットへの「行き方」については、

巻末の「まなべるスポット」ページでご紹介しています。

そして、「MAP」というマークをスキャンして

Googleマップに飛ぶしくみを使っていただければ、

そのままナビになります(未来…!)。

おうちのかたは、そちらで行き方をご確認いただけるかと思います。

 

 

上の1〜3を期待されて購入されたみなさま、申し訳ございません!

でも、子どもの好奇心を開かせ、

沖縄を全然知らなかった子どもたちも

「ここに行きたい」と言ってくれるようになるべく

全力でつくりました。

 

「それでもOKよ!」といってくださるかた、

新しい親子旅行のスタイルを、どうぞ

ぞんぶんにお楽しみくださいね。

 

f:id:manavel:20191006112358j:plain

 

  <「まなべる!トラベル」公式HPサイトです>

<facebookも、よろしければフォローいただけるとうれしいです!>

 

「沖縄親子の週末のおでかけを、 もっと楽しくしちゃおう!」出版記念イベントレポート

f:id:manavel:20190918192856j:plain
 

 

こんにちは!

 

「学びをもっと楽しく! わかりやすく!」を目標に活動しております

企画・制作ユニットmananicoです。

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

9/16(月・祝)、ジュンク堂那覇店で、本の出版を記念した

小学生の親子を対象としたワークショップを行いました!

 

mananicoとしては初めてお客様とお会いするイベントだったため、

最初ガッチガチでしたが(汗)

お集まりいただいた親子のみなさま、関係各所のみなさまの

暖かさに支えられ、無事終えることができました。

本当にありがとうございました!

 

今回のテーマは「『まなべる!トラベラー』になって、

沖縄親子の週末のおでかけを、

もっと楽しくしちゃおう!」

今日はこのイベントの様子をレポートさせていただきます。

 

 

 

 

今回トーク係の夫は、お気に入りドラゴンフルーツシャツで登場。

本書でものすごく素敵なイラストを描いていただいた

仲西太さんが、dreamiさんとコラボしたシャツです。

 

(仲西さんも沖縄クリエーターでいらっしゃいます)

 

f:id:manavel:20190918151747j:plain

ちなみに、スカートもあるようです。欲しい♡


 

 

まずは、今回、参加いただいた親子に

「まなべる!トラベラースティッカー」を

お配りしました。

本には違うデザインのものが入っているので、

この日だけの特別バージョンです。

 

f:id:manavel:20190918054458p:plain

これをつけてぼうけんしてもらえるといいなあ、という願いを込めて♡

 でも、じっさいはみなさんバッグにいれてらっしゃいましたね(笑)

 

 

まずは、みんなに、ぼうけんの合言葉

「ナンダコレ!」について、どんな時に思わず言っちゃう?を

考えてもらいます。

 

知らなかった!

おもしろい!

だれかに教えたい!……

などなど、好奇心アンテナがビーンと立ち上がるときに、使っちゃうはず。

 

「ナンダコレ!」の定義めいたものをみんなで出し合ったあとは

親子に旅に行った時のような気分になってもらいつつ

3つのミッションを体験していただきました。

 

 

 

ミッション1

「ぼうけん図鑑 沖縄」の中で、おうちの人と「ナンダコレ!」「おもしろそう」を探そう!

 

まずは「えらべる!できる!ぼうけん図鑑沖縄」をパラパラーっとめくって

初めて知ったこと、これやって・見てみたいな、と

思ったところを10分間でチョイスしていただきました。

 

そして

「どんなことが気になった?」「もっと知りたい!と思ったことは?」を

お子さんから教えてもらいました。

 

 

 

ミッション2

「ナンダコレ!」と思ったものをもっとよく知るために、ジュンク堂那覇店で、プチぼうけんしてみよう

 

気になったものや、会いに行きたいな、と思うものがあったら、

次はホンモノに会いに行こう! 

……と言いたいところですが、せっかく本屋さんにいるので

関連の本を探しに行って、気になる本を選んで持ってくる、

というミッションです。

子どもが「自分で選ぶ」といういことが大切なので

おうちのかたはサポートに徹していただきます。

一部のご家族にお願いして、追跡してみました〜。

 

 

ミッション1で「ようかい」と言っていたキュート女子。

妖怪の本、あるかな〜? と、沖縄本コーナーを物色。

あっ、「民話コーナー」にあった!

 

f:id:manavel:20190918185515j:plain



妖怪・悪霊は総じて「マジムン」と呼ばれ

それはそれはたくさんの妖怪伝説があります。

そして沖縄県の妖怪だけで、一冊の本にまとまってたりします。

ちょっとこわい…でも見たい。

こういう不思議なものが気になるお年頃ですよね〜。

 

 

おっ、こちらの男子は「自然コーナー」に

沖縄昆虫本、ありました!

 

 

「昆虫をつかむのがにがてだけど、

かっこいいから見るのは好き」だそうです。

  

f:id:manavel:20190918190212j:plain

クワガタとセミとカブトムシの3部作で!

 

 

ミッション1では「アマビコヤスデ」に反応し

「こんな虫いるんだ、光るんだ…」と

ナンダコレ!を発動してくれていた男の子。

 

 

 

最初に気になっていたものとはちょっと違っても

全然問題なし!

おでかけをしてると、たとえばねらった昆虫に会えなくても

別のものに会えたりするし、おもしろいハプニングも

たくさんあって、それがまた楽しい。

意外なものが好きになるきっかけにもなるんだもんね。

 

 

 

ミッション 3

ぼうけんで見つけた「ナンダコレ!」をシェアしよう

 

会場に戻り、見つけてきた本を紹介し合います。

新しい本に読みふける子もいれば、

これは知っている・これは知らなかったなど、熱いトークが

止まらない親子もいらっしゃいます。

 

じつは、体験してくださった一連の動きは

「旅前(やる気づけ)」

「旅中(体験)」

「旅後(振り返り)」

になっています(ここ、今日1番大事なところです!)。

 

お子さん主体の「気持ちが動く生の学び」につながりやすい行動を、

今日体験していただいたんですよということを、

おうちの方向けにご説明。

 

最後に、沖縄でおでかけする際にもっと楽しくなるスポットや

知っておく・気をつけておくと楽しい知恵などを

お伝えさせていただきました。

 

生の沖縄県在住親子とお話ができたこと、最後まで

にっこり笑顔で参加していただけたこと。

いちばんうれしかったのは

親子でちゃんと「対話」が

生まれていたことでした。

 

わたしたちも

とてもうれしい・よい経験をさせていただきました!

ジュンク堂さま、貴重な機会を本当に

ありがとうございました!!!!

 

 

終わった後、

熱を出し切って魂のぬけた夫とともに

カラッカラの喉をうるおすべく、

向かいのスムージーのお店「Vita Smoothies」に駆け込み

(↑定番コース。おすすめです!)、

とってもおいしいドラゴンフルーツスムージーを注文。

エネルギーとビタミンをチャージしてきました〜。

 

f:id:manavel:20190918190606j:plain

スムージー、服に擬態。

 

  <「まなべる!トラベル」公式HPサイトです>

<facebookも、よろしければフォローいただけるとうれしいです!>

 

 

 

学びの自然体験、「プロ(専門家)と一緒に行く」とイイコトは?

 

f:id:manavel:20190911162439j:plain

「ナマコは、海のおそうじやさんなんだって〜!」



こんにちは!

 

「学びをもっと楽しく! わかりやすく!」を目標に活動しております

企画・制作ユニットmananicoです。

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

夏休みも「あっ⭐️」という間に終わってしまいましたね。

 

でもでもまだまだ、沖縄は「まなべる!トラベル」シーズンが続きます。

海開きもたいてい10月末まで!

秋休みや秋の連休などを利用していらっしゃるかたも多いのではと

思います。

 

f:id:manavel:20190911110907j:plain

11月に撮影。風がさわやかで最高です

 

そして!

小さいうちから自然にたくさんふれている子は、

その後、自然科学に興味を持つ割合が高いそうです。

日本全国、豊かな自然が残っているところはた〜くさんありますが

沖縄は「亜熱帯の、独特の環境や生態系」を持っている県。

旅行でも海や森の自然に親しみたいと思っているご家族は

多いのではないでしょうか。

 

そんなとき、

自然やカルチャーのプロ(専門家)と行くのも、

選択肢のひとつとして大いにアリですよ、という

今日はそんなお話です。

 

 

 

本で得ること、実際に専門家に伝えてもらうこと、
それぞれにメリットあり!

 

  

 「えっ、本で『家族だけで十分楽しめる』って言ったそばから…?」

と思った方、

するどい!

それはその通り!本だけでぼうけんに行っても

もちろんOK✨です。

 

著書「えらべる!できる!ぼうけん図鑑沖縄」でも、

「沖縄」というすばらしいフィールドを舞台に

家族だけでできる旅行テーマ(ぼうけん)を

掲載しています。

 

そして本のメリットは「沖縄のことを『旅行前に』知ったものと

旅先で出会うことで、感動や好奇心がますます高まる」こと。

 

f:id:manavel:20190822144607j:plain

行きたいところをパッと開けるようにするのもグッド!



 

では、専門家と行くメリットって?

 

●その旅行先が初めてであれば…

「ふだん忙しくて、前知識を入れる余裕がなかったときも、

その場で教えてくれる」

「『これ知ってる!』を親御さん以外の

大人にも発動したり、『ナンダコレ?』と思ったものを質問したりできる」

ということなのではないでしょうか。

 

●訪れるのが2回目以降だったら…

「生き物や自然、カルチャーとの付き合い方や歴史などを、

もっともっとディープに教えてくれる」

「家族だけでは行きづらい秘境めいたところにも

安全に連れて行ってもらえる」

「専用の機材を持っていないときにレンタルしてくれる」

 

などなど。

だから、ご要望や状況に応じて、「ここだけはプロに頼も♡」のような

選択をすればよいのではないかと思います。

 

 

プロと行くツアーは、ちょっとストレッチなことも
安全に楽しく、いきなりできる!

 

かくいう私たちも、

気軽な旅行ですと家族だけで行くことももちろん多いですが

「この日はアドベンチャーだ!」と盛り上がっているときは

はりきってプロのツアーを予約します。

 

例えばこれまで、プロの方々と、こんな体験をしてきました。

 

★カヌーに乗ってマングローブの川へ。

マングローブの生態を学びながら、カニの大群に会う!

 

              f:id:manavel:20190911112456j:plain

 

              f:id:manavel:20190911112241j:plain

              f:id:manavel:20190911112617j:plain

f:id:manavel:20190911112014j:plain

ミナミコメツキガニーーッ!

↑これは西表島ですが、本島にもマングローブツアーがたくさんありますよ!

 

 

★とっておきの磯遊びスポットに案内してもらう!

f:id:manavel:20190911113227j:plain

生き物と絶景がダブルで楽しめたり。

f:id:manavel:20190911143100j:plain

ナンダコレーーー!

 

 

★川をさかのぼり、滝つぼに飛び込む

 

              f:id:manavel:20190911115502j:plain

 

f:id:manavel:20190911113515j:plain

この日は、スリル満点の名もなき滝へ連れて行ってくださいました。

生き物を探しながら川をのぼり、終点で滝に打たれたりして

適度なスリル感と、滝の水ってこんなにつめたいんだ!が

体感できました。

「すべらないブーツ」も貸してくださいます。

 

 

★やんばるの山奥でレア生き物や植物を観察! 

夜行性の生き物に会いたい時には、ナイトツアーへ。

f:id:manavel:20190911143905j:plain

土地勘のあるガイドさんとなら夜でも安心

 

f:id:manavel:20190911144208j:plain

ヤシガニは、背中ちょんちょんは大丈夫だけどお腹はぜったいさわっちゃダメ

 

★シュノーケルツアーで、

とっておきのお魚がいっぱいいるポイントに行く!

    

f:id:manavel:20190911145048j:plain

初めてのときはシュノーケルのやり方も教えてくれて、親は楽でした

 

★冬にやってくるザトウクジラを船で見に行く

 

f:id:manavel:20190911145342j:plain

すぐ近くで潮吹きや、ジャンプが見られることも!



 

★カラフルなお魚を釣って、観察して、食べる

船長さんが釣り方、だけでなく、魚の名前や

「熱帯魚だけど意外とおいしいよ!」などを教えてくれます。

 

f:id:manavel:20190911145803j:plain

「オジサン」つれた〜

f:id:manavel:20190911022929j:plain

提携のレストランで、釣ったものを食べられたりします(調理代は別途でした)

f:id:manavel:20190911150035j:plain

オジサンうまっ!

 

 

などなど!

プロのかたと一緒に行ったら、次は家族だけで行っても。

お子さんにまずは簡単に成功体験を積んでもらったら、

次はもうちょっとハードな冒険にも出かけられそうですよね。

 

 

プロと行くツアーはたくさん! 
探すコツは、「お子さんの好み」+αで検索

 

そして、プロの人と一緒に行くメリットはわかるけど、

「子どもといっしょにわくわく学べるプロツアーは

どうやって探せばいいの?」と思ったとき

最近は本当に、沖縄にも個人から大きめのところまで

とてもたくさんの体験ツアーが用意されていて

正直、ちょっと迷っちゃう!ということもありますよね。

 

その中から、子どものその土地ならではの自然や文化への

好奇心を高めてくれそうな業者さんを選ぶコツも、あります。

 

お子さんの好みを知っていらっしゃるなら、ぶっつけで探すのもありですが

「えらべる!できる!〜」の本を親子で読んで、

「行ってみたい!やってみたい!」がお子さんの口から出てきたら

そのカテゴリの内容で探すと、

行ってみて「ちがった!」ということが少ないと思います。

 

やりたいことやホテルの場所に合わせてキーワード

「海の生き物」「観察」「昆虫」「専門家」「琉球王国の歴史」

などなど、お子さんの好奇心が向きそうなワードで検索したら、

さらにツアー紹介を見てみます。

 

ご参考までに、チェックポイントは…

 

① 子どもOK、できれば「子ども向け」と名言している

(もしくは、子どもに向けたトークが書いてある)

②「好奇心」「学び」など、ちょっぴり知的な言葉が入っている

③ HPに、その土地の自然や生き物の特徴や生体、カルチャーなら歴史などが

紹介されている

④「専門家がご案内」など、有識者が行なっていそうなワードが入っている

 

などで探すと、深い知識をお持ちのガイドさんにお願いできることが

多いようです。

 

例えば、「癒し」だけじゃないおもしろ自然体験。 

今回の本で取材させていただいた「キュリオス沖縄」にも

まさに、そのような「学びのツアー」にご案内いただけました。

(これが今回お仕事ご一緒するきっかけとなりました☺️)

 

HP紹介文を見ると…

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
沖縄エコツアー・ネイチャーツアー キュリオス沖縄

 
やんばるの森を、潮が引いたサンゴ礁を訪ね歩きながら、
アカデミックな知識を持つガイドとともにじっくり自然に浸る、
そんな贅沢な時間を過ごせるエコツアープログラムです。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、あります。見るからにとっても「学べそう」ですよね!

 

海でも山でもなんでもござれ、のキュリオス宮崎さんは、

 なによりれっきとした「博士」でいらっしゃるので、

実際に観察したりさわったりしながら

子どもにもわかりやすく教えてくださいます。

 

じっさい、ふだんは気づきもせず通り過ぎてしまいそうな植物や

昆虫などのおもしろ生体、

ここにいたか!あったか!というものを見つけてくださったり

子どもでもできる扱い方を教えてくださったりして

こちらの目も鍛えられました。

 

f:id:manavel:20190911153551j:plain

「ザトウムシです! 銀ピカに光るやつもいますよ」

f:id:manavel:20190911153441j:plain

「この実の中にも、生き物が住んでいますよ」

 

 

ほかにも、沖縄のおすすめのツアープログラムはまた

あらためてまとめて、ご紹介していこうと思います。

 

では、引き続き楽しい親子旅行を〜✨

 

 

 

  <「まなべる!トラベル」公式HPサイトです>

<facebookも、よろしければフォローいただけるとうれしいです!>

 

 

 

親子旅行で自由研究のテーマを見つけるために親ができる「ほんの1つのこと」。

f:id:manavel:20190822155322j:plain

息子が「タコ好き」だったころの写真ですが……イメージとしてご覧ください

 

こんにちは!

 

「学びをもっと楽しく! わかりやすく!」を目標に活動しております

企画・制作ユニットmananicoです。

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

 

夏休みも終盤。「自由研究、やらなきゃ!」と

取り組んでいるお子さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「旅+自由研究」について書こうと思います。

 

 

 

「自由研究」って、要するになんだ?

 

自由研究の定義は、いろいろあると思いますが

ざっくり言うと

「自分だけの気づきや発想で自主的に行う、

オリジナルの研究」と考えています。

 

 

あらかじめテーマが決められているネタ集の中から

「これにしよう!」と決める

自由研究だけじゃもったいない!

逆に、本当の意味での「自由な」研究ができたら

「自分で学べる」子になる基本動作が身についたも同然です。

 

 

そして、なんとなくお気付きの通り、

自由研究は、親子旅行ととっても相性がいいんです。

 

なぜなら 

自分のテーマは

机の上でウンウン考えていてもなかなか思い浮かばないからです。

 

少しくわしくご紹介していきますね。

 

 

「自分だけの研究」ができるようになるための、3つのステップ

 

  •  第1ステップは「ハートがゆさぶられる体験」。

 

f:id:manavel:20190822141245j:plain

 

まずは驚きや、感動や、「これ気に入った!」と思う

などの、心を動かす体験が必要。

 

子どもが新しいことにふれて

ハートがゆさぶられる体験は

よ〜くみるとその辺に転がっています

それは大人から見ると「え、そんなこと?」と思うことかもしれません。

でも、子どもの目はキラキラしています。

 

たとえば、旅先で海に行ったとき。

→貝殻がいっぱい落ちてる!

→いろんな色や形の貝がある!巻いてる形、平べったい形、丸い形…

白、桜色、まだら模様…

→貝だけじゃなくて、面白い形のサンゴや木の実も落ちてるよ!

などなど

 

心が動いたら、その場で何十分も動かなくなったり

その日の絵日記に、興奮気味に書かれるはず。

 

 

 

  •  第2ステップは「インプット」。

 

f:id:manavel:20190822143207j:plain

 

この状態になり、旅から帰ってきたら

第2ステップとして、「インプット」が始まる場合があります。

 

もっと知りたくなって関連本を買ったり

図書館やインターネットで調べ始めたり

YouTubeで関連動画や物語を見始めたりします。

さらに「また、あそこに行きたい」と言い出したり

近所の博物館や資料館に関連モノがあった場合

強い興味を示したりします。

 

f:id:manavel:20190822143524j:plain

 

そして

→あそこにしかいない貝だったんだ! 

→あの貝って意外と凶暴なんだ!

→貝殻のない貝もあるんだって!

のような自分だけが楽しめる「気づき」をえたりして

それを親に、自慢げに教えてくれたりします。

 

 

  •  第3ステップで域値を超えて「アウトプット」!

 

f:id:manavel:20190822143807j:plain

 

そして、知識や興味がたまって、それが域値を超えると、

いよいよ「アウトプットor広がり」に進化します。

 

→似てるようで微妙に違う貝殻の種類をたくさん絵にしたり

コレクションしたりする

→「アンボイナガイ どくばりにちゅうい!」など解説つきの図鑑をつくる、

など

頭の中に知識が溜まったら、あらかじめ知っているもの同士を

関連づけたり編集したりして、いっきにアウトプットが始まります。

 

これこそまさに、オリジナルの「自由研究」です。

 

f:id:manavel:20190822144234j:plain

 

  

また、“定まる”だけじゃなくて

→「温暖化で、数が少なくなってるんだって〜温暖化ってなに?」(環境問題)

→「この貝を、あのカニがバリバリ食べちゃうんだって!」(周辺の生き物)

→「自分の県やほかの県にはどんな種類の貝がいるんだろう?」などと

“広がる”ほうに行く子もいます。

 

 

先日、お友達ファミリーが沖縄にきてくれまして

とっておきの、生き物たくさんビーチにお連れしました。 

 

手には付せんがついた「まなべる!トラベル」が!!

うおおおお、うれしい(泣)。 

f:id:manavel:20190822144607j:plain

 

 

自然の海で遊ぶので、本にも載せた「よく会う危険生物」について

レクチャーしてからGO!

 

最初は「都会っ子の真夏の沖縄磯遊び、少々ハードなのでは?」 

と思っていたのですが、なんのなんの。

 

砂浜のスプリンター、「スナガニ(ユウレイガニ)」を追っかけて、

走る走る!

(5匹ゲットしていました)

f:id:manavel:20190822145247j:plain

 そこから、いろんな種類のカニがいる!と見比べて観察。

 

ほかにも
カラフルすぎるお魚に驚いたり……

生まれて初めてイソアワモチやナガウニ、

ウデフリクモヒトデをつんつんしたり。

 

f:id:manavel:20190822145804j:plain

 

f:id:manavel:20190822152439j:plain

 

f:id:manavel:20190822145925j:plain

さすがに、巨大なジャノメナマコは「いや〜!」と言ってたな。笑

 

名残惜しいけど、ぜんぶ海にかえしてあげようねー、

と、バイバイの儀式をして終了!

 

 

そして、ホテルに帰ったら

あらためて『まなべる!トラベル』を読んで

「これ見つけたやつだ!」

「あの生き物は、これだったんじゃないの?」などと

姉妹でわいわい振り返ってくださったそうです(号泣)。

 

そしてさらに!


帰りの飛行機の中で本を読み返していた1人がポツリと


「自由研究のテーマ、

沖縄で見た生き物のことに

変えようかな

 

と言い始めたそうです!

(もともと別のテーマで自由研究が進んでいたとのこと)。
 

もしかしたら、体験といっしょに、

興味をもったものの学びを得ることで

いっきにステップ3まで駆け上がってくれたのでは!

 

と思い、お父さんからコメントを頂戴しました。

 

「“自発的に”って所が

子どもが受けたインパクトの強さを物語ってるよね。

自分が面白いって思っただけじゃなくて、

それを伝えたいって行動に移そうとしているところ

学びの成果なんだと思います。」

 

 

確かに! 「人に伝えたくなっちゃう」って、原動力!

本当に素敵なエピソードです。

 

 

 そんなときに、親ができるのは「ほんの1つのこと」。

 

さて、親子旅行で盛り上がったお子さんの気持ちを

親としてはどう後押ししたらいいのでしょうか?

 

自主性にまかせる、とはいえ

おうちのかたにできる、ほんの一つのことがあります。

それは、お子さんの興味の芽がふくらむよう

 

「合いの手を入れる」

 

これだけです!笑

 

家族旅行中、短い時間でも、どんなことでもよいのです。

 

<ステップ1のとき>

お子さんが興味をもったり

座り込んだり、立ち止まったりして見ているもの に

出会ったら!

いろ〜んなご予定はあることと思いますが、

まずは、時間の許す限り、観察に付き合います。

↑これが、なかなかむずかしいんですけどね〜

 

よく見ると

こっちを探してみるとどうだろう?とか

この角度からみるとどんなんなる?などを

ずーっと繰り返して「研究」していたりします。

 

f:id:manavel:20190822151926j:plain

こんな感じで…

 

日常とは違う時の流れの中で

ここからすべてが始まると思って、

なるべく見守ってあげてくださいませ。

 

 そして

 

「ナンダコレ!」や「すごい!」といった反応があったら!

子どもの気づきを言葉にしてあげます

 

なんでもいいんですが、

「いろんな色があるんだね」「黄色いのよく見つけたね!

お母さんは紫色見つけたよ」などなど。

 

 

<ステップ2や3のとき>

 

体験が終わったら、それを思い出せるように

振り返ります。

「最初は全然見つけられなかったけど、

どんどん見つけるのうまくなったね!」

「ほかにどんな種類がいるんだろうね〜」 などなど

 

「あれ、楽しかったね!」の話のついでに

「そういえば、図書館に貝の種類を紹介する図鑑があるかも。

週末行ってみる?」

「図鑑のDVDに同じ種類の貝紹介されてた気がするなあ」

「それ、どんなんだったか思い出せないからちょっと

絵にかいてみてくれない?」

「せっかく気に入ったんだったら、それを学校の自由研究にしちゃう?」

など。

 

熱心に見たり、アウトプットしているものには、素直に感心する。

「よく見てるね〜」「これ気に入ったんだね」

「え、こんないろんな種類があったの?」など

 

 

おうちのかたは、「全然知らない」っていう立場で大丈夫。

ちょっとしたチャンスで、思い出させてあげる、盛り上げる=

「合いの手を入れる」

これだけでお子さんの研究熱が、

おもしろいぐらい変わってくるはずです。

 

あの親子旅行で、あの日、あのとき連れて行ったビーチが

すべての始まりだった!

 

なんていう瞬間に立ち会えたら、親としてもうれしいですよね。

 

f:id:manavel:20190822155108j:plain

 

 

自由研究は、じつは夏休みだけのものじゃない。

だれに「やりなさい」と言われるものでもない。

いつだって、自分だけの学びのために、

世界中に用意されているも

 

 

1回で出会えなくても、何回かふれているうちに

きっと「域値」を超える日が来る。

そして、旅から帰ってきても、自分の身の回りで

研究を始めることができます。

 

心のアンテナにひっかかるテーマを

楽しく探しに行く。

そんな親子旅に、出かけてみませんか?

 

 

 ちなみに!本の中で自由研究につながるコンテンツ、あります!

 

f:id:manavel:20190809035321j:plain

「まなべる!トラベル えらべる! できる! ぼうけん図鑑沖縄」

(Amazonなどで発売中)には、各ぼうけんの最後に必ず

「きみだけの研究にちょう戦!」というコラムを設けています。

 

ぼうけんのあと、ちょっとしたきっかけで自分の研究が始められる

コツをまとめている、コダワリのコラムです。

(本編とのスペースのせめぎあいで…いろいろ葛藤がありました〜)

 

子どもたちが本当の意味での「自由研究」を始める

きっかけになればと願ってつくりましたので

よろしければ、チェックしてみてくださいね。

 

 

 

  <「まなべる!トラベル」公式HPサイトです>

<facebookも、よろしければフォローいただけるとうれしいです!>

 

 

 

「沖縄こどもの国」の知られざる!? 楽しみ方② 雨の日OKの3つ+αのスポット

 

f:id:manavel:20190809031754j:plain

 

こんにちは!

 

「学びをもっと楽しく! わかりやすく!」を目標に活動しております

企画・制作ユニットmananicoです。

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

さて、魅力いっぱいの学べる「ズージアム」、

「沖縄こどもの国」を2回シリーズでご紹介しております。

 

1回目は「琉球弧」にフィーチャーしてみましたが、

ほかにも、楽しみながら学べるスポットが盛りだくさん。

その中でも特に「沖縄旅行中、雨の日どうする問題」を解決する

(我が家も超利用している)

3つのスポット+αをご紹介していきますね。

 

 

 その1 沖縄ならではの動物たちに会える!「アークおきまる」

 

前回は「在来家畜」の琉球弧をご紹介しましたが、

この飼育施設内には、なんと

今まさに自然の森や水辺に生息しているけど

気軽にはなかなか会えない、リアルな

オキナワアニマルたちがわんさか観察できます!

 

しかも、なるべくその生き物たちが「どんな暮らしをしているのか」

が直感的にわかる見せ方を「屋内で」されています。

「沖縄にはどんな動物がいるかな?見に行こ♪」

こういう視点で生きた動物が集められている施設って

ありそうでないんですよね。

 

オリイオオコウモリ!

 

f:id:manavel:20190809024524j:plain
画像:沖縄こどもの国ブログより

 

じつは夕暮れ時に沖縄の上空によく飛んでいます。

でも近くではなかなか見られないので…

近っ、そして、でかっ!!

ということがわかります。

 


 

沖縄固有種の、 リュウキュウアカショウビン。

 

f:id:manavel:20190809025547j:plain

※これは、こどもの国の画像ではないのですが…(画像:PIXTA)

 

全部赤オレンジ色。くちばしも赤くて、とってもキュートです。

 

そしてななななんと、「生きた化石」と呼ばれる

天然記念物のイボイモリや、

絶滅危惧種のリュウキュウヤマガメ、セマルハコガメ

ほかにも

オキナワキノボリトカゲ

サキシマガエル

ハナサキガエル

ミヤコヒキガエル

シリケンイモリ

アオカナヘビ

ズアカアオバト

カンムリワシ

などなど、貴重な生き物たちが一同に介していてご〜う〜か〜✨

 

f:id:manavel:20190809032046j:plain

画像:沖縄こどもの国ブログより

 

さらに…

その2 じつは、かなり立派な「爬虫類館」もあります!

(ニガテなかたは薄目にしていただいて…)

 

f:id:manavel:20190809025943j:plain

 

沖縄に住んでいる爬虫類

アカマタ

ヒメハブ

ヨナグニシュウダ 

キシノウエトカゲ

なども見られます。

 

f:id:manavel:20190809030112j:plain
↑キシノウエトカゲ  画像:沖縄こどもの国ブログより

 

ふだんは涼しいところに隠れて暮らしている

うわさの「ハブ」も丸見え。

お子さんといっしょに爬虫類に盛り上がれるパパ、ママは必見です。

 

 

 

その3 ふしぎや驚きをぎゅぎゅっとつめこんだ! 「ワンダーミュージアム」

 

f:id:manavel:20190809030814j:plain

 

 入園してすぐ左にあるおしゃれな建物に

体験型の科学館もあります!

公式HPには「沖縄初・沖縄唯ーのチルドレンズミュージアム」

とだけあり、子どもの知的好奇心をワクワクを刺激しながら、 

意外と体も動かして遊べるので、

幼児〜高学年の子まで大喜びのはず!

 

1Fは

自分自身の体や出す出せる音を使ったり、身近なものを使って

遊びながら科学にふれられるコーナー。

「話しかけると変な声になるマイク」

「不思議と逆に映る鏡」

「映像の中に入ってダンス!」などすぐに盛り上がれるものばかりです。

 

f:id:manavel:20190809031019j:plain

↑逆さの自分とあくしゅ!

 

 

B1Fは

ボールのいろいろな動きを試せるコーナーや、

色遊びや早押し、隠し絵など、体の感覚を使って

遊べるコーナー。

f:id:manavel:20190809031053j:plain

 

B2Fは

「座ると色が変わるイス」

「光で絵を描く」

「指で作った影絵が動き出す」など、クリエイティブな

遊びができるコーナー。

 

f:id:manavel:20190809032502j:plain

 

 

そのほかにも

「名画になれる顔はめ」とか

「ぐるぐる回すとどんどんくっつく砂鉄」 など

直感的に楽しめるものがいっぱい。

f:id:manavel:20190809031151j:plain

 ↑定番。

 

また定期的に、入場した子なら誰でもその場で参加できる

体験ワークショップが開催されていたりして、

じつはここだけでも、半日は軽く過ごせる勢いです!

沖縄旅行中の雨の日、どうしよう?というときにも、

ここに駆け込めば楽しく過ごせるはずです。

 

  

その4 無料で遊んで学べる施設もあります!

 

入り口に入る前に「チルドレンズ・センター」という場所があり

こちらでどなたでもほっと一息つきながら、室内で絵本を読んだり

そのかたわらで、

エボシカメレオンやシリケンイモリなどが観察できます。

油断していると、いろんなところに生き物います!

 

f:id:manavel:20190809032215j:plain

 

お腹が空いたら、

同じ建物内に、沖縄の素材を生かしたビュッフェレストランもありますよ

(園内にも軽食がとれるパーラーがあります)。

 

その5 雨が上がったら、フルで制覇コースに切り替えては!

f:id:manavel:20190809032720j:plain

 

ゾウやキリン、ピンクのカバ(カバって、汗がピンクなんですって!)

や、最近仲間入りしたチーターやホワイトライオン、

 

f:id:manavel:20190809032854j:plain

画像:沖縄こどもの国ブログより

 

オオアリクイ、ワイルドなワニなどなどなど

動物園の人気者たちも

かなり近い距離で観察できます。

もちろん、みんな大好き「ふれあいコーナー」もありますよ。

 

f:id:manavel:20190809033043j:plain

画像:沖縄こどもの国ブログより

 

キュートな動物たちに会いに行ってみてくださいね。

 

その6 さらに! 沖縄の昔の暮らしがわかる!「沖縄市ふるさと園」もおすすめ

f:id:manavel:20190809034120p:plain

画像:沖縄こどもの国HPより

 

ここでは、明治末期から大正にかけて

沖縄の気候や風土に寄り添って作られていた農家の古民家が
復元されています。

 

f:id:manavel:20190809035045j:plain

 

門には、魔物を跳ね返したり、男性と女性、または仕事により入る位置が

決められていたという「ヒンプン」

 

f:id:manavel:20190809034134j:plain

↑この「ついたて」に、魔物がバーンとぶつかるというしくみ

 

食べ物を貯蔵していた倉、

なくてはならない家畜小屋(牛やヒージャーを飼っていました)、

豚の飼育小屋とトイレを兼ねていた

「ワーフール(そして、葉っぱでおしりをふいていたという

ユウナの木もとなりに植わってる!)」も見学できます。

 

f:id:manavel:20190809034324j:plain

↑ワーフール。人間は、こちら側を向いてまたがるので、

金隠しのようなものがあります

 

 

建物は、暑い夏には風が抜け、

冬には冷たい北風を背にできるよう建てられていて

これも当時の工夫がそのまま再現されているとのこと。

 

自然に寄り添い、ともに暮らしてきた昔の地元の人の

すがたが想像でき、その知恵にへーっと感心してしまいます。

 

このような文化施設も、こどもの国内にあるという充実っぷり。

 

 

ちなみに!

沖縄こどもの国は年間を通して

沖縄の文化や自然を体感できるイベントやワークショップが

行われています。

 

たとえば夏休み期間は「サタZOOナイト」。開演時間が

21:00まで延長され、「夜の動物たちの様子」が見学できる……

 

など盛りだくさん!

 

くわしくは公式HPの「イベント」をチェックして

参加したいイベントがあれば狙っていくとよさそうです♡

イベント | 沖縄こどもの国

 

 

ということで、全天候で「沖縄ならでは」の体験をしながら

かならずお子さんのツボの「どこか」にはハマるはずの

沖縄こどもの国に、夏休みは(それ以降も)GOですよ!

 

最後の最後、池にかかるながーい橋を渡るころには

親もヘトヘトかもしれませんが、

お子さんは、ほかのキッズたちがそうであるように

「ぼくも・わたしもコイにエサやる」って

言うかもしれないです……。

 

f:id:manavel:20190809033456j:plain

↑汗だくで…

 

「沖縄ならではの生き物」「昔の建物」については、

こちらの本でもご紹介していますので

ぜひ、お子さんとチェックしてみてくださいね。

↓↓

f:id:manavel:20190809035321j:plain

えらべる! できる! ぼうけん図鑑
沖縄 (地球の歩き方Books) 

 

 

まなべる!スポットINFO•••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

公益財団法人 沖縄こどもの国

https://www.okzm.jp

 

沖縄県沖縄市胡屋5-7-1

TEL:098-933-4190

営業日:4月~9月 9:30~18:00(最終受付17:00)
    10月~3月 9:30~17:30(最終受付16:30)

※火曜、年末年始休

一般入場料金:大人 / ¥500
中学生・高校生 / ¥200
4歳以上~小学生 / ¥100
幼児(3歳まで) / 無料

•••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

 

  <「まなべる!トラベル」公式HPサイトです>

<facebookも、よろしければフォローいただけるとうれしいです!>

 

 

「沖縄こどもの国」の知られざる!? 楽しみ方① 沖縄の「在来家畜」をイッキ見!

f:id:manavel:20190731183930j:plain

 

こんにちは!

 

「学びをもっと楽しく! わかりやすく!」を目標に活動しております

企画・制作ユニットmananicoです。

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

さて、前回の「海ぶどう」に続きまして

今日は県民ファミリーの憩いの場であり、休日の御用達

「沖縄こどもの国」を2回シリーズでご紹介します。

 

 

本日は取材したけど載せきれなかった…ということも含め

「まなべる!トラベル」的視点で

普通の旅行ガイドには載っていないポイントを中心に

ぜひお楽しみください♡

 

沖縄の貴重な在来家畜がいっぺんに見られる!

 

さて、ここ「沖縄こどもの国」は

「ズージアム」と銘打っているだけに動物、文化、科学などなど

親子でいろんな楽しみ方ができる施設。

約200種の動物が見られる中でも、今回は

琉球王朝時代からの「在来家畜」が一同に介している

「琉球弧※」エリアをご紹介します。

※琉球弧=琉球列島を含む屋久島から台湾までの、

弧を描いているような形の一帯。

 

 

在来家畜とは、「原種」に近い動物たちのこと。

今メジャーに存在している家畜たちの

「ルーツ」と呼べるかもしれません。

 

人間はもともとそこにいた動物を家畜として飼い慣らし、

さまざまな恩恵をうけてきました。

そして沖縄にも、人々と長いこと信頼関係を築きながら

農耕や移動手段として大活躍してきた在来家畜が存在していました。 

 

f:id:manavel:20190731221631j:plain

こんな案内版で前もってへー!と思っておくこともできます(裏側だった…)

 

今では機械化が進み、大量生産時代に合わせて交配が進んだり、

海外からの輸入種のほうがメインになってしまったりして、

純粋な在来家畜を目にする機会は本当に少なくなっているので

ここに一同に介し、気軽に観察できる環境が整えられているのは、

実はとってもすごいことなのです!

 

 

琉球弧にさっそくレッツゴー!

 

ということで、

「琉球弧」エリアには、なだらかな丘にそって

在来家畜たちが暮らしています。

一部を詳しくご紹介しますね。

 

●チャーン

f:id:manavel:20190731223142p:plain

 

コケコッコー!

とは鳴かず、「ケッケーーーーー、ケッ」のように鳴くニワトリ。

最後の「ケッ」といいますか、「クアッ」といいますか、がミソ。

県指定天然記念物です。

 

以前は声の美しさを競い合う大会が娯楽として頻繁に

行われていたそうです。

鳴き声だけでなく、羽の色も模様も1匹1匹個性があり、

その昔琉球王朝のかたがたに愛でられ育てられていたのも

なんだか納得です。

 

f:id:manavel:20190731224816j:plain

ビシイッ

誇り高き姿。堂々としています!

 

ここ「沖縄こどもの国」では、

沖縄文化に親しみ学べる「ちゃーがんZOOまつり(毎年9月ごろ開催)」で

毎年愛好家による鳴き声大会も行われています。

 

 

●ヒージャー(島ヤギ。宮古島ではピンザ)

 

f:id:manavel:20190731225604p:plain

 

沖縄では昔から個人的なお祝いの席や、滋養強壮のために食べる

食文化があります。

今でも「ヒージャー汁」「ヒージャーのお刺身」「ヒージャーそば」など、

沖縄料理屋さんや居酒屋さんで目にし、

スーパーでも気軽に購入できます。

 

f:id:manavel:20190731225919p:plain

こちらは宜野湾そばさまの「ヒージャーそば」。最高でした

沖縄の島ヤギは黒か茶色の種で、白ヤギがいませんでした。

というのも、「白」という色は「死」を意味していたとのことで、

避けられていたということです。

(白が生まれてしまったら、そうそうに食べてしまったそうです)

実際に目にすると「ほんとだ!黒か茶色だ!」と思うはず。

そして、漂う匂い通りの味がします(笑)。←私は好き派です

ぜひ、実物の野趣あふるる匂いごと観察してみていただきたいです。

 

●アグー

子どもの国では現在、子豚が2匹暮らしています!

 

f:id:manavel:20190731230225p:plain

か、か、か、かわいい〜〜〜♡

 

もともと在来種は「黒」。島ヤギと同じ理由です。

でっぷりしたおなか、そりかえった背中が特徴。

コレステロールは通常の豚の1/4!

ビタミンB1、グルタミン酸(うまみ成分)がたっぷり!

ということで味も、栄養面でも最近にわかに注目され、

県内で「アグー」の専門料理店も見られます。

 

f:id:manavel:20190731231017j:plain

こちらが大人になった姿。※現在こどもの国にはいません

ちなみに、「あぐー」とひらがなで書く品種は、

「琉球在来豚「アグー」の血液(オス方)を50%以上有することで、「アグー」豚を交配して生産された豚肉」

だそうです。(↑スーパーで買えるのはこっちのほう)

 

アグーは、昔民家の隣に設置されていた「(ワー)フール」という飼育スペースに

飼われていました。

 

f:id:manavel:20190731231446p:plain

これが「ワーフール」。なんとこちらも沖縄こどもの国で見学できます!



家庭のお掃除屋さんでもあり、お正月には1頭つぶして

鳴き声以外はぜんぶいただく、という話を聞いたことのあるかたも

多いのではないでしょうか。

人々の貴重なタンパク源でした。

 

戦火でものすごく数が減り、成長も遅いので一時絶滅が危ぶまれていましたが

こころある関係者の方々により大切に育てられ、少ないながらも

食肉として出荷できるぐらいの数に復活しました。

 

 

●ヨナグニウマ、宮古馬

 

f:id:manavel:20190731231938p:plain

 

おもに農作業や人の移動に活躍していた馬たち。

こちらも県指定の天然記念物です。

気性が安定するように長い時間をかけて、徐々に信頼関係を

築いていったとのこと。

 

どうりで、やさしいお顔…。

割合小柄なのですが、軽々と大人を乗せて走ることができます!

 

f:id:manavel:20190731232250p:plain


また、沖縄こどもの国では昔からの行事「ンマハラシー(琉球競馬)」を

イベントとして行なっています(毎年1月後半〜2月開催)。

 

 

●琉球犬

f:id:manavel:20190731232513p:plain

 

もともと土地に住んでいた犬。天然記念物です。

狼の名残があり、脚の後ろ側に「狼爪(ろうそう)」と呼ばれる

第六の爪があるのが特徴!

猟犬や番犬として活躍していました。

信頼した飼い主にはゆるぎない忠誠心をもつとのこと。

飼育員さんに「あそんで!」と甘える琉球犬は、

長い時間をかけて人間と仲良くしてきただけに、かわいいです。

 

 

 ほかにも

・リュウキュウイノシシ

・ヤクシマザル

・口之島牛 

 

などそうそうたる在来種の動物たちが見学できます!

 

ちなみに家畜の説明看板もとっても「攻めて」いるので

注目していただきたいです!

f:id:manavel:20190731233632p:plain

チャーンの看板

 

 

f:id:manavel:20190731234057p:plain

ヒージャーの看板。食べる前提

そのほかの攻め看板は、行ってからのお楽しみ!

 

 沖縄に昔からいた動物たち「在来家畜」については

「えらべる! できる! ぼうけん図鑑」にも詳しくご紹介していますので

(AR動画連動機能で、チャーンの鳴き声も聞けます)、

お子さんといっしょにぜひチェックしてみてくださいね♪

 

f:id:manavel:20190731234417p:plain

よろしく!

 

さて、次の回も「沖縄こどもの国」の知られざる!?魅力を

たっぷりご紹介していきます。

どうぞお楽しみに!

 

 

まなべる!スポットINFO•••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

公益財団法人 沖縄こどもの国 

https://www.okzm.jp

 

沖縄県沖縄市胡屋5-7-1

TEL:098-933-4190

営業日:4月~9月 9:30~18:00(最終受付17:00)
    10月~3月 9:30~17:30(最終受付16:30)

※火曜、年末年始休

一般入場料金:大人 / ¥500
中学生・高校生 / ¥200
4歳以上~小学生 / ¥100
幼児(3歳まで) / 無料

••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••• 

 

  <「まなべる!トラベル」公式HPサイトです>

<facebookも、よろしければフォローいただけるとうれしいです!>